京都動物愛護センターへ

2019年6月11日 (猫に関する記事)

こんにちは!

イチローです。

 

京都動物愛護センターに行ってきました。

結論から言いますと、京都は近いうちに必ず殺処分0に限りなく近い数字になるはずです。

最新の施設だけあって、今まで見た中で一番進んでるなと思いました。

「ここの施設は動物を保護して飼い主を探す施設です」という職員さんの第一声に嬉しく思いました。

なんと、猫の里親さんは100人の順番待ち。

杉本彩さんが名誉センター長を勤めているだけあるなと(それだけではなく皆さんの努力の賜物ですが)

施設には府民以外でも利用できる広くて値段が手頃なドッグラン。

50人のボランティアさんたちが手分けして掃除のお手伝い。

京都市はTNR無料でできるという獣医師会さんの連携プレー。

愛護センターでも寄付を受け取っており、ヒルズとも契約していてフード代がゼロ円。

 

 

それでもやっぱり殺処分しなければならない状況はあります。

小さすぎる乳飲み子であったり、凶暴な子はなかなか施設でずっといるわけにはいかず。

「注射を打って安楽死させるのはとてもつらい」

「自分のこどもに今の仕事をどう説明していいか分からない」

誰もがやりたくない仕事をされてます。

犬も猫も職員さんたちにものすごくかわいがられててものすごく幸せそうなんですが、やっぱりその部分を見ると辛い仕事です。

 

 

僕ももちろん殺処分は反対です。

みなさんも反対。

職員さんもしたくない。

殺処分する行政が悪いのではなく、殺処分しなければならない社会がおかしい。

どうやったらこの状況を変えられるの??

まずはみんなが目を向けることです。

「立場の弱いものに対する扱い方で、その国の生命の扱い方や考え方が分かる」

山本太郎さんがアメリカで動物愛護のロケをした時に聞いて衝撃を受けた言葉だそうです。


 

 

僕は優しい社会をつくっていきたいんです、人にとっても動物にとっても。

町田のおはなし会がかなり満席に近づいてきました。

本気で伝えるためにもっとたくさんのことを自分の目で確認してきます。

まずはドイツへ。

皆様を代表して見てきます!

 

 

 

 

見て応援!

かわいい猫たちの写真一覧はこちらから

https://hogonekko.com/photo/

 

 

正会員、賛助会員募集中!

活動を支えてくれませんか?

詳しくはこちらから

会員さん募集中です!

 

 

読者の皆様へ

買い物で世界を変えよう!!

フェアトレード商品、社会の循環を良くする商品、多数取り揃えています!

ぜひ購入という行動で応援してください!

https://kenkoshukan.stores.jp/

 

食べて応援、福井県産コシヒカリ!

こんなすごいお米なんです!

 

モリンガのすごさ、ぜひ知って下さい。

画像をクリックすると記事に飛びます。

 

無添加ペットフードを買いながら、支援ができます。

詳しくは↓をクリックしてください。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です