猫のことだけしていれば殺処分は減らせるのか

2019年6月5日 (猫に関する記事)

こんにちは!

イチローです。

 

 

猫を拾って6年。

猫カフェを開いて5年。

気づいたら34歳。

立派な中年になってるじゃないですか。

年をとると考え方も変わるものです。

この5年で学ばせてもらったことは、殺処分を減らすには社会の構造をがらりと変えないといけないということです。

 


 

なぜ年々殺処分数が減っているのか。

明らかに世の中の意識が変わったからです。

殺処分という問題について関心を持つ人が増え、行動する人がたくさん出てきたからです。

ものすごく素晴らしいことですし、行政も変わってきました。

数の力ってものすごく大事なんだなと実感しました。

動物愛護法も子犬、子猫の販売が7週齢から8週齢に変わりそうです。

たった1週間の違いですが、大きな違いです。

誰か一人でやり遂げたことではなく全国で頑張った皆様の成し遂げたことです。

 

 

また5年後に動物愛護法の見直しがあります。

ここが大きなターニングポイントかなと個人的に思っています。

繁殖制限を義務付けられるかどうかで劣悪なブリーダーを排除できます。

保護して里親さん見つけるだけじゃ動物愛護法は変えられないなと学んで33歳の時に生まれて初めて政治に興味を持ち、政治が変われば動物愛護の問題だけでなく、もっと他の問題も解決できると信じています。

政治の話をすればやばい雰囲気になりますが、真剣に国のことを考える大人が増えることが今一番大事なことかなと思ってます。

僕はそれを猫を拾ったことで気付きましたが、おそらくこの記事を読んでいる皆様も気付いている人が多いはずです。

僕たちの声を反映してくれる人を選びましょう。

なんやかんやでそれが一番の近道です。

 

 

見て応援!

かわいい猫たちの写真一覧はこちらから

https://hogonekko.com/photo/

 

 

正会員、賛助会員募集中!

活動を支えてくれませんか?

詳しくはこちらから

会員さん募集中です!

 

 

読者の皆様へ

買い物で世界を変えよう!!

フェアトレード商品、社会の循環を良くする商品、多数取り揃えています!

ぜひ購入という行動で応援してください!

https://kenkoshukan.stores.jp/

 

食べて応援、福井県産コシヒカリ!

こんなすごいお米なんです!

 

モリンガのすごさ、ぜひ知って下さい。

画像をクリックすると記事に飛びます。

 

無添加ペットフードを買いながら、支援ができます。

詳しくは↓をクリックしてください。


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です