大阪ワンニャンセンターへ

2019年5月29日 (猫に関する記事)

こんにちは!

イチローです。

 

 

仲良しのお友達と住之江の大阪ワンニャンセンターへ。

タクシーに乗って行き先を伝えると、「殺処分するところね」と一言。

これなんです、今回の目的は。

そうじゃないんだよ、と伝えるために行きました。

 

 

着いたら入り口にこんな表示が。

今、大阪はものすごく動物愛護に力を入れています。

羽曳野市に大阪府の愛護センターがリニューアルしましたがめちゃくちゃ綺麗ですし、今回訪れたワンニャンセンターもピカピカの施設です。

 

 

職員さんが案内してくださりました。

まずは猫のふれあい室。

ほぼ猫カフェです。

写真はNGなので伝えにくいのですが、、、

懐いてる子はここで里親さんを募集します。

僕が行った日はここの部屋にいる子はいなくて、その前にあった譲渡会でたくさんもらわれていったようです。

 

 

次に、ふれあい室に行く準備をしているまだ体が小さな子猫の部屋へ。

ミルクから育てた子が1匹いました。

職員さんが手分けしてミルクを与えて育ちました。

 

 

次に犬の収容所へ。

最近保護された子たちで病気を持っていないか確かめるために一定期間隔離します。

この日は2匹いました。

 

 

その次は子猫部屋へ。

15匹ほど懐いてかわいい子猫たちが育てられていました。

ワクチンも元気な子から打ってもらいます。

 

 

その次は病気気味の子たちの部屋へ。

くしゃみしてる子がいました。

症状が酷すぎたり両目をこすって失明してしまったり、状態が悪すぎる子は安楽死という選択をします。

これが殺処分にカウントされます。

乳飲み子の保育室もありました。

乳飲み子を持ち込んだら殺処分というのは昔の話です。

 

 

それから犬たちを見させてもらって職員さんと話しして。

対応してくれた方、獣医師免許を持つ方でした。

動物の命を救いたいという思いでこの免許を取った人が、殺処分したいと思ってるでしょうか。

答えはもちろんノー。

誰もしたくないんです。

懸命に頑張ってます。

ふるさと納税のお金を使って去勢避妊、ワクチンまでしてるんです。

どう見ても生かそうとしてます。

 

 

だから僕は愛護センターのことをよく知らずに非難する人は間違ってると思ってます。

その非難が余計に殺処分ゼロを遠回しにしてますよ。

連れていったら殺されるなんて言い方やめませんか?

頑張ってる職員さんに失礼です。

 

 

今回一緒に行ってくださった方がこの姿勢に感動して早速お仲間さんに伝えてました。

行く前は怖いと思っていたようですが、全然怖くないしすごく良い取り組みしてるって。

知れば変わるんです。

愛護センターはどんどん変わってるんです。(自治体によりますが)

僕らのやり方も変えていきましょう。

動物愛護センターとともに歩んでいけるようになればこの問題は10年以内に必ず終わらせられますよ。

誰でも見学できるので電話してみてください。

目で確かめるってこと、本当に大事ですよ。

 

 

見て応援!

かわいい猫たちの写真一覧はこちらから

https://hogonekko.com/photo/

 

 

正会員、賛助会員募集中!

活動を支えてくれませんか?

詳しくはこちらから

会員さん募集中です!

 

 

読者の皆様へ

買い物で世界を変えよう!!

フェアトレード商品、社会の循環を良くする商品、多数取り揃えています!

ぜひ購入という行動で応援してください!

https://kenkoshukan.stores.jp/

 

食べて応援、福井県産コシヒカリ!

こんなすごいお米なんです!

 

モリンガのすごさ、ぜひ知って下さい。

画像をクリックすると記事に飛びます。

 

無添加ペットフードを買いながら、支援ができます。

詳しくは↓をクリックしてください。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です